JR尼崎の個別指導 - サイプレス学習塾
サイプレス学習塾へお電話でのご連絡は06-6494-4186までご連絡ください。
 メニュー

塾の役割を考える1 塾の歴史その①

学習塾の役割りについて考えてみようと思います。

「塾が果たすべき役割とは何か」

まず、「塾」の定義ですが、

国や行政機関が行う公教育に対し、民間が行う私的な教育機関とします。

 

まずは、前提として、塾の歴史について、調べてみました。

今回は、日本の中世、近世です。

日本では、鎌倉時代以降、仏教寺院大きな役割を果たすようになります。

布教目的もあったようですが、幕府の庇護もあり、武士のみならず、

庶民との結びつきを強めるため、教育機関としての役割を果たしていったようです。

この時代、公教育と言えるのは、足利学校がありましたが、

広く教育を行っていたわけではありません。

ですから、仏教寺院が私的な教育機関として、公的な教育にとって代わるくらいの

大きな役割を担っていたようです。

そこでは、文学などの教養だけでなく、生活に欠かせない読み書き、

道徳といった世俗的な内容も教えていました。

 

江戸時代になると、公教育としては、幕府の機関である昌平坂学問所があります。

各藩が作った藩校も公的機関と言ってよいと思います。

そこでは武芸や漢学、朱子学が教えられていました。

 

それに対して、民間機関としては、寺院の系譜を継ぐ「寺小屋」があります。

江戸時代にかなり発展します。

江戸時代の識字率の高さ、これは世界でも驚きの高さだそうですが、

それを支えていたのが寺小屋です。

また、商いが発展したため、そろばんが出来るようになることが庶民の教育ニーズとして大きくありました。

 

そして、もうひとつは、幕末に輝きを放った「私塾」と言われるものです。

有名どころでは、吉田松陰の松下村塾、緒方洪庵の適塾があります。

幕末の急激な時代変化の中、漢学、国学、そして、洋学(蘭学)、

ヨーロッパの学術、技術、文化を教え学びあう場でした。

藩校が、藩士の子弟に限っていたのに対し、寺小屋や私塾は、広く門戸を開いていました。

時代のニーズや社会を転換させる原動力となるような思想、生き方などが議論され、

学び合っていたことが伺えます。

アクセス

最寄り駅 JR尼崎駅 北出口より徒歩10分
住 所 〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江1-15-3
アミング潮江イースト15-3号棟2F
電話番号 06-6409-4186
受付時間 月~金曜日
15:00~21:00
休業日 土・日
サイプレス学習塾外観

お問い合わせ・ご相談

下記フォームに必要事項を入力後、送信ボタンを押してください。

お名前 ※必須
電話番号(半角)
Mail(半角) ※必須
お問い合わせ内容

お気軽にお問い合わせください。

お電話こちら

TEL:06-6409-4186

火~金曜日 15:00~21:00

当塾についての詳細や疑問点など、Webからもお問い合わせいただけます。 また、お子様の学習相談も承っておりますので、お気軽にお問合せください。